うっかり忘れに注意!FX取引にかかる税金について

始める前に知っておこう!FXに掛かる税金のこと

>

株式投資とFXの違い

株式投資は初心者でもできる?

株式投資とは、株式会社とつく企業の株を売買することで利益を得る投資方法です。
FXよりも歴史は古く、多くの方が利用しています。
始めるにはまず取引専用の口座を作り、企業の株を買うことが必須です。
利益は株価の変動によって左右されます。
利益が多ければ配当金という形で企業から分配されますし、株を買うことで株主優待という特別なサービスを受けられる特典があるなど、魅力が多い投資です。

ですが、FXに比べるとかなりの専門的知識が必要とされます。
まずは株価について勉強しなければいけません。
その上で業績が伸びそうな企業を選び、それが当たらなければ利益を出すことはできないのです。
取引口座を作るにも、証券会社のお世話になる必要がありますし、「気軽に」始められる投資とは言い難い面もあります。

株式で得た利益の税金は?

株式投資で得た利益に対しても、もちろん税金は掛かります。
しかし、取引口座の種類によっては自分で確定申告する必要がないものもあります。
取引口座は3種類あります。
一般口座、源泉徴収がない特定口座、源泉徴収がある特定口座の三つです。
名前の通り、源泉徴収がある特定口座を作れば確定申告を行わずとも税金が徴収されるため、初心者などにはこちらの特定口座がおすすめです。
他の、源泉徴収なしの特定口座は、書類を証券会社が作ってくれるものの、確定申告は自分で行わなければいけません。
一般口座に関しては書類の作成から申告まで、一通り自分でする必要があります。
FXは気軽に始められて自由に取引できるというメリットがありますが、確定申告に関しては自身で行うしかないため、株式投資に比べると少し手間かもしれません。


この記事をシェアする
TOPへもどる