うっかり忘れに注意!FX取引にかかる税金について

始める前に知っておこう!FXに掛かる税金のこと

>

知らないと恐い、FXに生じる税金

FX取引に掛かる税金の仕組み

まず、FXのどの部分に税金が掛かるのでしょうか。
取引で得た差益分に掛かります。こちらは「先物取引にかかわる雑所得」として区分され、所得税15%+地方税5%分が課税扱いになります。

それらの税金は確定申告時に自身で納める義務がありますが、確定申告に該当しないケースもあります。
一つ目はサラリーマンなどの給与所得者で、給与による収入が2千万円以下で、FXで得た利益が20万円以下の場合です。
ただし住宅ローン控除などを受けている場合は申告が必要になりますので注意してください。
二つ目は年金生活者の方です。
年金収入が400万円以下でFX利益が20万円以下の場合に限ります。
三つ目は個人事業主や専業主婦の方で、年間所得が38万円以下でFX利益が20万円以下の場合も課税対象にはなりません。

確定申告の方法

FX取引で得た利益が雑所得として区分されること、自分で確定申告時に収めなければいけないこと、非課税になるケースもあることは理解いただけたと思います。
では、実際にどうように確定申告をするのかを紹介していきましょう。

方法としてはいくつかあります。
まずは国税庁のホームページにアクセスし、確定申告時に必要な書類等をプリントアウトして税務署へ郵送、もしくは持ち込むという方法です。
もしくは直接最寄りの税務署や還付申告センターへ出向き、設置されているパソコンで書類を作成し、そのまま提出するという方法もあります。
パソコンからだけではなく、税務署の担当者から書類をもらって書き方を教わりながらその場で作成する方法もあります。
最近は国税庁の電子システムを利用して、電子書類を使ってネット上だけで書類を送れるという便利な方法もあり、郵送や直接出向く手間も省けるため人気が出ています。


この記事をシェアする
TOPへもどる